ミレニアルはぜいたく品好き、グッチの買い方で分かる

Photographer: Brendon Thorne/Bloomberg
Photographer: Brendon Thorne/Bloomberg

ミレニアル世代の消費者はその上の年代よりも将来の所得について楽観しており、ぜいたく品に多くのお金を費やす。

  UBSグループが中国・欧州・米国で3000人余りを対象に実施た調査が示した。9月28日公表されたリポートによると、現在18-35歳のミレニアル世代は昨年の高級品市場拡大の85%を担った。2025年までには高級品消費全体の45%を占めるようになる見込み。

  UBSが行った調査およびソーシャルメディア分析によると、ミレニアルのお気に入りのブランドはグッチとルイ・ヴィトン。オンラインで買おうという人は年上の世代よりは多いものの、やはり店舗での購入が好まれている。

  中国ではミレニアルがぜいたく品購入に充てるのは可処分所得の約20%だが、これは年長の世代も同じだという。イタリアと米国の若年層は年長世代よりもぜいたく品に使えるお金が多いと調査結果は示している。

Millennials Are More Confident...

...that their personal financial situation will improve in the next 12 months

Source: UBS Group AG

原題:Millennials Love Luxury and Their Spending on Gucci Shows It(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE