アジア株下落、連休明けの香港株が軟調-南シナ海情勢が悪材料

  • MSCIアジア太平洋指数は0.4%安、ハンセン指数1.6%下落
  • 中国製造業PMI悪化や南シナ海諸島に米駆逐艦接近の報道が重し

2日のアジア株は下落。香港株の軟調が足を引っ張っている。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午前10時57分(日本時間同11時57分)現在、前日比0.4%安の164.20。連休明けの香港ハンセン指数は1.6%値下がり。

  週末に発表された9月の中国製造業購買担当者指数(PMI)が振るわなかったことや、中国が領有権を主張する南シナ海の諸島に米駆逐艦が接近したとの報道もマイナス材料になっているとの指摘があった。

原題:Asia Stocks Drop as Hong Kong Shares Start Fourth Quarter Lower(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE