ブラジル大統領選:極右ボルソナロ氏の支持率上昇-イボペ調査

  • ボルソナロ氏の支持率4ポイント上昇の31%、アダジ氏は21%
  • 決戦投票に進むシナリオでは、両候補が支持率42%で拮抗

ブラジル大統領選挙の第1回投票を週末に控え、極右候補のジャイル・ボルソナロ氏が支持を大きく伸ばしていることが最新の世論調査で明らかになった。

  1日夜に公表されたイボペの調査によれば、元軍人のボルソナロ氏への支持率は31%と、9月26日の前回調査(27%)から4ポイント上昇。左派・労働党(PT)候補のフェルナンド・アダジ氏は21%で横ばいだった。決選投票が行われるシナリオでは、両候補の支持率はいずれも42%で拮抗(きっこう)している。

  7日の第1回投票で過半数票を獲得する候補者がいなければ、得票率上位2名が28日の決選投票に進むことになる。その場合、ボルソナロ、アダジ両氏の一騎打ちとなるのはほぼ確実とみられている。

  調査は9月29-30日に208の地方自治体で3010人を対象に実施された。誤差率はプラスマイナス2ポイント。
  

原題:Brazil’s Far-Right Candidate Receives a Boost in Latest Poll(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE