テスラが新しいテント建設を計画-輸送車両の保護用資材取り付けで

  • 専門家から冷笑された6月のテント建設、増産に重要な役割
  • テスラは今週、7-9月期の生産と納入の実績を報告へ
Truck trailers sit parked outside a newly constructed production tent at the Tesla Inc. manufacturing facility in Fremont, California, U.S., on Wednesday, June 20, 2018. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

テスラといえばテントだ。

  電気自動車(EV)メーカーのテスラは、4000平方フィート(約372平方メートル)のテント建設許可を求めてカリフォルニア州フレモント市に申請している。先月提出された許可申請書で明らかになったもので、テスラはそこで車両に輸送向けの保護用資材を取り付ける計画だ。テントは同社の物流用駐車場の南側に建設される予定。

カリフォルニア州マリーナデルレイにあるテスラの輸送センターの外で車両運搬車からモデル3を降ろす労働者

フォトグラファー:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  6月にはフレモントの自動車工場の塗装部門近くで、巨大な屋外用テントの下にセダン「モデル3」の組み立てラインを建設した。自動車製造の専門家からは冷めた目で見られたが、4-6月(第2四半期)後半からの増産で重要な役割を果たした。

  テスラは今週、7-9月(第3四半期)の生産と納入の実績を報告する予定だ。業績への楽観論に加え、イーロン・マスク氏と米証券取引委員会(SEC)との和解で同氏が会長職の辞任を迫られるものの最高経営責任者(CEO)にはとどまることを手掛かりに、同社の株価は1日、一時約18%高と取引時間中としては2014年2月以来最大の上げを演じた。

原題:Tesla Plans New Tent to Wrap Vehicles Leaving Its Car Plant (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE