BMWのペーターCFO:中国での地位維持に自信-貿易戦争激化でも

  • 中国に輸入する「X5」など、約7.5%の値上げを余儀なくされた
  • 貿易戦争で今年下期に400億円のコストがかさむ見込み

ドイツの高級車メーカー、BMWのニコラス・ペーター最高財務責任者(CFO)は1日、米中貿易戦争によりBMWは利益見通しを10年ぶりに引き下げたものの、世界最大の自動車市場である中国での強固な地位を維持するのは可能だと語った。

  ペーターCFOはパリ自動車ショーでのブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、米中貿易戦争の激化により同社は今年下期に3億ユーロ(約400億円)のコストがかさむと指摘。スポーツ型多目的車(SUV)「X5」など中国に輸入する車の約7.5%の値上げを余儀なくされたと述べた。また、2カ月後から米サウスカロライナ州スパータンバーグの工場で製造した新型X5を中国に輸出する準備を進めているとした。

原題:BMW CFO Says He’s Still ‘Confident’ in China Despite Tariffs (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE