仏小売企業カジノ、「モノプリ」不動産資産を750億円で売却へ

フランスの小売企業カジノ・ギシャール・ペラションは、傘下のスーパーマーケットチェーン「モノプリ」の55店舗が置かれている不動産資産を5億6500万ユーロ(約750億円)で売却することで合意した。同社と主要株主ラリーは空売りの標的となっており、資産売却で大いに必要としていた現金を手にする。

  カジノは債務減らしのため15億ユーロの資産売却を目指しており、今回の合意と7月に発表済みの別の取引により、目標の半分に達した。同社およびラリーの株価と社債価格は今年、債務負担や会計の不透明さを巡る懸念で下落していた。

  発表資料によると、カジノは売却代金を12月27日までに受け取る。売却先は「主要な機関投資家」とするだけで名前は明らかにしなかった。合意に伴い、カジノは年間2700万ユーロの賃借料を支払う。

原題:Casino to Sell Monoprix Stores Real Estate for $655 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE