GMの中国合弁が約330万台リコール、システム不具合で-中国当局

米ゼネラル・モーターズ(GM)の上海合弁会社、上汽通用汽車が20日からビュイックとシボレー、キャデラックの乗用車計330万台余りを対象にリコールを実施すると、中国の国家市場監督管理総局(SAMR)が9月29日の声明で明らかにした。システムの不具合が原因だという。

  声明によれば、一定期間にわたる消費者からの苦情を受け、SAMRが不具合を巡る調査に乗り出す中でGMはリコールを決めた。2013年9月-18年9月に生産された車両が対象。上汽通用汽車が車の所有者にリコールについて通知し、無料修理を手配するという。

原題:General Motors’ China Unit Recalls 3.3 Million Autos (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE