メイ英首相、続投に向け政治生命懸けた闘い-分裂抱え与党大会が開幕

  • ジョンソン前英外相らが首相を厳しく批判し、ハモンド財務相は擁護
  • 保守党政治家らはメディアの問いに対し消極的な支持表明にとどまる

メイ英首相が率いる与党保守党の年次大会が、イングランド中部バーミンガムで9月30日に開幕した。党内の有力政治家らが首相の指導力弱体化に動く中で、引き続き党内を掌握することを目指す首相の政治生命を懸けた闘いが始まる。

  バーミンガムに到着したメイ首相は、自らの権威を回復するとともに保守党員らを説得し、欧州連合(EU)離脱の包括的プラン(チェッカーズ・プラン)への支持を取り付ける必要がある。

  首相のライバルであるジョンソン前英外相が30日付の英紙サンデー・タイムズとのインタビューで、首相のプランを「全くの荒唐無稽」と厳しく批判したのに対し、ハモンド財務相は30日夜に公開された英紙デーリー・メールとのインタビューで、党首を目指すジョンソン氏の試みは失敗に終わるだろうと述べ、首相の離脱交渉のアプローチを擁護した。

  メイ氏が党首にとどまることができるか30日のメディアインタビューで尋ねられた保守党の政治家らは、せいぜい消極的な支持を表明するにとどまった。保守党のブランドン・ルイス幹事長は、次期総選挙に向けてメイ氏が保守党を率いることになるかとのスカイニューズの質問に対し、「そうなると望むし、そうなると思う」と発言。デービス前EU離脱担当相はスカイニューズに対し、「正直言って、それは首相次第だ」と語った。

原題:May Faces Tory Fire Over Brexit as Hammond Attacks Boris Johnson
Theresa May Fights for Her Job as Tory Brexit Splits Widen (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE