コンテンツにスキップする

ECBクーレ氏:金融刺激策はなお必要-加盟国には財政改革呼び掛け

  • 物価目標を達成する上で十分な刺激策が依然として必要
  • 来年退任するドラギ総裁の後任に関する観測については一蹴

欧州中央銀行(ECB)のクーレ理事はECBには物価安定目標を達成する上で十分な金融刺激策がなお必要だとの見解を示した。ドイツ紙ターゲスシュピーゲルとのインタビューで語った。

  クーレ理事は経済が拡大基調にあり失業率が低下し、「物価圧力が徐々に上昇しつつある」状況にあってECBは金融政策正常化に向けて「重要な」措置を講じていると指摘。ただ持続的な改善が一夜にして実現することはなく、インフレ率2%弱というECBの物価目標に到達するためには支援がなお必要だとの見解を示した。

  また、「多くのユーロ加盟国には危機時に経済を支える財政上の余裕が依然ない上に、各国の経済は長期的な課題への十分な備えがない」として、加盟国に財政および経済政策の改革を呼び掛けた。

  さらに、うまく策定された「ユーロ圏の共通予算は大幅な経済下降の影響を払拭(ふっしょく)し、ECBの金融政策に対する経済の依存度を下げるのに寄与するかもしれない」と語った。

  来年退任するドラギ総裁の後任に関する観測については「国家や政府の首脳の手中にあり、協議は始まっていない」と述べるにとどめた。

原題:ECB’s Coeure Still Sees Need for Stimulus, Seeks Fiscal Reforms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE