コンテンツにスキップする

イタリアのトリア財務相、予算通過後に辞任も-メッサジェロ紙

イタリアのトリア財務相は予算を巡る協議に嫌気が差しており、年内に関連法案が通過した後、辞任する可能性があると、同国紙メッサジェロが情報源を明かさずに報じた。

  敵意むき出しの協議の結果、2019年の財政赤字の目標は国内総生産(GDP)比の2.4%となり、トリア氏が求めていたとされる1.6%を上回った。連立与党の一角「五つ星運動」の党首であるディマイオ副首相と「同盟」の書記長であるサルビーニ副首相はトリア氏に予算拡大を迫っていた。

  イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は債務比率を引き下げるよう政治指導者に求め、マッタレッラ大統領は財政均衡と持続可能な政府債務の必要性を強調した。

原題:Italy’s Tria May Quit Over Budget, Central Banker Warns on Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE