コンテンツにスキップする

WTOとIMF、世銀が共同リポート-多国間貿易の改革を緊急提言

世界貿易機関(WTO)と国際通貨基金(IMF)、世界銀行は30日、多国間貿易システムを改革するよう緊急提言する共同リポートを発表した。

  共同リポートは「現在の喫緊の課題はWTO特有の強みを活用することだ」と指摘。「2000年代初頭以来遅くなっている改革ペース、一段と相互に結びついた近代経済で起こっている抜本的な変化、そして通商政策が転換するリスクがあることから、貿易政策改革の再活性化が求められている」と論じた。

  トランプ米大統領はグローバリズム全般を痛烈に批判しており、先の国連総会ではWTOなど国際機関への米国の参加について疑問を呈している。

  共同リポートはWTO規則の近代化に向け、電子商取引の市場アクセス拡大や交渉システムの柔軟化、貿易政策の透明性向上など具体案を示している。

原題:WTO, IMF, World Bank Seek ‘Urgent’ International Trade Reforms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE