コンテンツにスキップする
Photographer: Sean Proctor/Bloomberg

米国とカナダ、NAFTA協議で今週末中の合意に近い

Robotic arms operate on the bed frame of a truck at the Ford Motor Co. Dearborn Truck Plant in Dearborn, Michigan, U.S., on Thursday, Sept. 27, 2018. Ford Motor Co. is watching trade talks closely. With almost 40 percent of its revenue coming from outside North America and factories in Mexico and Canada, the second-largest U.S. automaker has a lot at stake in the outcomes of the Trump administration's myriad negotiations and tariff schemes.
Photographer: Sean Proctor/Bloomberg

米国とカナダは北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で合意に近く、今週末の期限までに妥結できるとの楽観が広がっていると、協議に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  関係者によれば、30日も交渉は続いており、同日中に発表される可能性がある。そうすれば、メキシコのペニャニエト現大統領が11月30日の任期終了までに署名することが可能になるという。米国とメキシコは8月に合意している。

  交渉が継続していることから匿名を条件に語った同関係者によると、米国とカナダは立場を異にする問題で進展があったため、合意に近づいている。現時点では相違を克服できないような大きな問題は残っていないという。

原題:U.S., Canada Are Said to Close In on Nafta Deal This Weekend (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE