コンテンツにスキップする

沖縄県知事に玉城氏、辺野古移設反対派-安倍政権に打撃

更新日時
  • 「真摯に受け止め、基地負担の軽減努める」-安倍首相
  • 辺野古基地建設反対の「県民の意志が明確になった」-立憲民主

翁長雄志氏の死去に伴い、9月30日に行われた沖縄県知事選で米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、自民、公明両党などが推薦した佐喜真淳氏(54 )ら3氏を破り、初当選した。玉城氏の勝利は基地移設を推進してきた安倍晋三政権にとって打撃となる。

  安倍首相は1日、結果について「真摯(しんし)に受け止め、今後沖縄の振興、基地負担の軽減に努める」と官邸で記者団に語った。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「政府としては早期に辺野古への移設と普天間飛行場の返還を実現したいという考え方に変わりはない」と述べた。

Okinawa Gubernatorial Election Campaign Officially Kicks Off

玉城デニー氏

The Asahi Shimbun via Getty Images

  玉城氏は自らの当選を受け、辺野古の基地建設は県民が認めない「最たるもの」と指摘し、「思いをしっかりと政府に突きつけていきたい」と語った。NHKが玉城氏の発言を放映した。立憲民主党は30日、「辺野古新基地建設撤回を支持する県民の意志が改めて明確となった」とする福山哲郎幹事長の談話を発表した。

  ラジオパーソナリティー、沖縄市議会議員を経て2009年から衆院議員を4期務めた。知事選では翁長氏を支えた共産、社民両党などでつくる「オール沖縄」が支援した。

  沖縄県選挙管理委員会のウェブサイトによると、玉城氏は39万6632票 を獲得し、31万6458票だった佐喜真氏に大差をつけた。投票率は63.24%で、14年の前回(64.13%)を下回った。

(第2、3段落に安倍首相、菅官房長官、立憲民主の福山氏のコメントを追加.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE