コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(9月28日):株式、債券、為替市場

国内市況の過去の記事はこちらです。指標はここをクリックして下さい。

●日本株は反発、米景気堅調と円安-日経平均91年11月以来の日中高値

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は反発し、日経平均株価は日中ベースで26年10カ月ぶりの高値を付けた。貿易問題に対する過度な警戒感が後退する中、良好な米景気や為替市場でドル・円相場が9カ月ぶり円安水準となり業績期待が高まった。電機など輸出、素材、商社といった海外景気敏感業種、情報・通信が買われた。

  TOPIXの終値は前日比17.14ポイント(1%)高の1817.25、日経平均株価は同323円30銭(1.4%)高の2万4120円04銭。日経平均は先物主導で一時2万4286円10銭まで上昇し、1991年11月14日以来の日中高値を付けた。

  プリンシパル・グローバル・インベスターズの板垣均社長は「安倍首相が日米貿易摩擦をうまく切り抜け、為替が円安に振れたことで安心感が広がっている。米国株は短期金利を引き上げてもびくともせず、長期の株高でも過熱感はない。米国株と比べて日本株は出遅れ感がある」と指摘。日経平均は終値ベースでのバブル経済崩壊後高値の更新こそ逃したが、「割安感だけでなく業績の良さが見直されている。日米とも今が株価のピークという感じはしない」と付け加えた。

  東証33業種では情報・通信、化学、パルプ・紙、海運、電機、卸売など29業種が上昇。空運、繊維製品など4業種は下落。売買代金上位ではソフトバンクグループやソニー、モルガン・スタンレーMUFG証券が新規に「オーバーウエート」とした日揮が高い。スタートトゥデイ、SMBC日興証券が業績予想を減額したルネサスエレクトロニクス、ジェフリーズ証券が格下げした東レは安い。

  東証1部売買高は15億5726万株、売買代金は3兆1929億円。値上がり銘柄数は1399、値下がりは623。

●債券下落、円安・株高の進行が重し-日銀オペ運営方針に警戒感も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は下落。米長期金利の上昇に加えて円安・ドル高と国内株高を受け、超長期ゾーンを中心に売りが優勢となった。市場では日本銀行がこの日午後5時に公表する10月の国債買い入れオペ運営方針で減額が示されるとの警戒感も相場の重しになった。

  長期国債先物市場で中心限月12月物は前日比4銭安の150円14銭で取引を開始し、いったんは150円05銭まで下落。午後は下げ渋る場面があったが、結局は9銭安の150円09銭で引けた。

  SMBC日興証券の竹山聡一金利ストラテジストは「米金利の上昇に円安・株高と、流れ的には売りだ」と指摘。「日銀はオペの減額を続けるだろう。外部環境的には今がチャンスだ」とし、21日の残存期間25年超に続き「売買が低調な中期ゾーンを減額した方が良い状況ではないか」と述べた。

  現物債市場では超長期ゾーンが特に軟調で、新発40年物の11回債利回りは1.07%と、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より2.5ベーシスポイント(bp)上昇。新発30年債59回債利回りは1.5bp上げた。長期金利の指標となる新発10年物国債の351回債利回りは1bp高い0.125%で取引された。

  財務省はこの日、2年利付国債の価格競争入札を実施。最低落札価格は100円42銭で、市場の予想中央値と同じだった。投資家需要の強弱を反映する応札倍率は4.37倍と前回を下回り、小さければ好調を示すテール(最低と平均落札価格の差)は5銭と拡大した。

●ドル・円は9カ月ぶり高値、堅調な米経済が支え-一時113円台後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場のドル・円相場は続伸。堅調な米経済を背景とした前日の海外時間からのドル買いの流れが継続し、約9カ月ぶりの高値を付けた。

  ドル・円相場は午後3時15分現在、前日比0.1%高の1ドル=113円54銭。午後に入り一時113円64銭と昨年12月21日以来の水準までドル高・円安が進んだ。ただ、9月の最終営業日で月末や期末に絡んだ需給が交錯する中、値動きは限定的となり、日中の取引レンジは30銭にとどまった。

  三井住友信託銀行マーケット金融ビジネスユニット西日本営業推進チームの西田朋広チーム長は、「目先は北朝鮮の問題や米中貿易問題が焦点から外れており、それを手掛かりにしたドル・円の売り持ちが解消されやすい。前日に年初来高値を超えてきたことや米ファンダメンタルズの好調さも支えになっている」と分析。その上で、「米ISM(供給管理協会)景況感指数などセンチメント系の指標は堅調が見込まれ、米雇用統計までは買われやすく、114円を試すことになりそう」と予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE