コンテンツにスキップする

フィリップモリス、アイコスの巻き返しに自信-21年までに出荷倍増へ

  • 加熱式スティックの出荷量、21年までに最大1000億本と予想
  • アイコス利用者の3分の2が居住する日本で成長鈍化

フィリップモリスインターナショナル(PMI)は、紙巻きたばこ代替事業が最近の不振から持ち直すとの見通しを示した。たばこ代替商品への切り替えを喫煙者に促すためホテルや歯科医、生命保険会社との提携を進めている。

  「マールボロ」メーカーのPMIはスイスのローザンヌで27日開催した投資家会合で、加熱式たばこ「アイコス(iQOS)」など製品用スティックの出荷量が2021年までに最大1000億本と2倍余り増加するとの予想を示した。この数字は、同社の現在の中南米とカナダを合計したたばこの販売数量を上回る。

  アイコスは今年、最も成功していた日本市場の成長が鈍化したことで壁にぶつかった。アイコス利用者860万人のうち約3分の2は日本の居住者だ。アイコスに切り替える喫煙者をさらに増やすため、PMIは歯科医や薬局との連携を模索し、割安な生命保険契約を提供するパートナーを探している。同社によれば、現在200軒余りのホテルがアイコスを利用できる部屋を提供している。

  PMIは、今年の加熱たばこスティックの出荷量が最大420億本と、昨年の360億本から増加すると予想。よりコンパクトにした新しい機器を発売するほかフレーバーも増やす。同社によると、アイコスに切り替える人々が200万人増えるごとに、年間収入は約9億ドル(約1020億円)増加する。同社は580万人がアイコスに切り替えたと推定している。
 
原題:Marlboro Maker Confident in Smokeless After iQos Slowdown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE