コンテンツにスキップする

トランプ大統領は国連会合でカナダ首相との会話を避けた-米当局者

  • トランプ大統領は短い握手しか許さなかったと米当局者
  • カナダ首相は話し合いを求めなかったと加当局者は説明

カナダのトルドー首相は国連の会合に合わせてトランプ米大統領と話そうと何度か試みたが、トランプ大統領が貿易協議での対立を理由に会うのを避けた。米当局者が明らかにした。

  トランプ大統領が自分はトルドー首相と会うのを拒否したと述べたのは、公式な2国間会合の要請のことではなく、こうした国連会合での出来事についてだったと同当局者は説明した。トルドー首相は一度など、トランプ大統領の席まで出向いて短く握手をしたが、大統領は立ち上がろうとしなかったという。

  カナダ側は公式の会談要請を行っていないと説明。トルドー首相が非公式会談を求めたかどうかについてカナダ大統領府に尋ねたが、26日中に返答はなかった。27日午後になってカナダ政府当局者は米当局者の説明に反論し、トルドー首相は握手をしただけでトランプ大統領と話すつもりはなかったと述べた。このカナダ当局者は同国は公式、非公式を問わずトランプ大統領との会談を求めなかったとした。

原題:Trump Is Said to Have Avoided Trudeau More Than Once at UN (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE