コンテンツにスキップする

イタリア政府、19年財政赤字目標をGDP比2.4%で合意-副首相

更新日時
  • 最低所得保障のための予算や年金改革の巻き戻しなど含む
  • 公的債務巡る投資家の懸念に影響へ-EUからもネガティブな反応

イタリア政府は2019年の財政赤字目標を国内総生産(GDP)比2.4%に設定することで合意した。連立与党がトリア財務相にポピュリスト政党の選挙公約を実現するための予算配分を増やすよう圧力をかけていた。

  サルビーニ副首相とディマイオ副首相は指導部の会合後の27日夜に共同声明を発表し、「政府全体が2.4%で合意に達した。われわれは満足している。改革のための予算だ」と述べた。

  連立与党の一角「五つ星運動」の党首であるディマイオ副首相は別途、政府が貧困撲滅に向けた最低所得保障を実施するための予算100億ユーロ(約1兆3200億円)を盛り込むことで合意をまとめたと表明した。このほか、退職年齢を引き上げた先の年金改革の巻き戻しや雇用センター改革、銀行危機被害者向けの15億ユーロの基金新設などの措置も政府に承認された。

Europe’s Biggest Debtor

Italy has more public debt than any other EU country

Source: Eurostat, 2017 data

  今回の決定は、欧州連合(EU)加盟国の間で台頭しつつあるポピュリズムの動きにとって勝利を意味する一方、イタリアの多額の公的債務を巡る投資家の懸念などにも影響を及ぼすことになりそうだ。

  EUの最初の反応はネガティブだった。EU当局者はGDP比2.4%ではイタリアが義務に違反することになると述べ、同国政府が1.9%を目指す方針をこれまで示唆していたと指摘した。

  連立与党「同盟」の関係者によると、トリア財務相は政府協議で打ち出された2.4%の赤字目標に合意した。イタリア紙ソレ24オレによると、マッタレッラ大統領は辞任の用意があると報じられていたトリア財務相に電話で現職にとどまるよう勧めたという。

Debt Driven Deficit

From 2010 Italy budget would have been a surplus without debt interests

Source: Eurostat

  ユニオン・バンケール・プリベのポートフォリオマネジャー、モハメド・カズミ氏はブルームバーグ宛て電子メールで、財政赤字目標がGDP比2.4%で合意されたことは、最悪のシナリオではないものの、市場予想の2%よりまだ幾分悪い数字だと指摘。「スプレッドが少し拡大すると予想される。今後は達成可能かどうかを見極めるため予算の詳細と前提が焦点になろう」と語った。

原題:Italy Targets Deficit at 2.4% of Output in Win for Populists (2)(抜粋)

(EU当局者の反応や市場関係者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE