コンテンツにスキップする

WTO、世界貿易の見通しを下方修正-貿易摩擦の高まりを警告

世界貿易機関(WTO)は2019年までの世界貿易見通しを下方修正し、主要貿易相手国間の緊張が経済成長をますます脅かしていると警告した。

  WTOは27日に公表した改訂版見通しで、世界の物品貿易の成長率は2018年に3.9%、19年には3.7%となり、17年の4.7%から減速するとの見通しを示した。4月時点の予測では18年が4.4%、19年が4%だった。

Slower Growth

The World Trade Organization cuts the outlook for global commerce

Source: WTO

  WTOのアゼベド事務局長はジュネーブで、「貿易摩擦の高まりがこの予測に対する最大のリスクだが、金融政策の引き締めとそれに付随する金融市場での荒い値動きも、貿易と生産活動に不安定をもたらす可能性がある。政府が相違点を克服し、自制心を発揮することがこれまで以上に重要だ」と述べた。

原題:WTO Cuts Global Trade Forecast in Warning on Risks to Growth(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE