コンテンツにスキップする

インドネシア、ルピア決済のDNDFを計画-ボラティリティー抑制で

  • 20超の銀行に顧客向けのDNDF提供が許可される-中銀
  • 外為市場委が枠組み立案中-数週間以内に運用可能となる公算

インドネシア銀行(中央銀行)は通貨ルピアのボラティリティーを抑制する取り組み強化の一環として、ルピアで決済されるドメスティック・ノンデリバラブル・フォワード(DNDF)の提供を市中銀行に認める。

  同中銀で通貨管理を統括するナナン・ヘンダルサ氏は、20を超える国内外の銀行に顧客向けのDNDFを提供することが許可されると説明した。

  DNDFはインドネシア中銀の「JISDOR」として知られるドルのスポットレートをに基づきルピアで決済される。同氏によれば、インドネシア外国為替市場委員会が市場向けの枠組みを立案中で、数週間以内に運用可能となる公算が大きい。

原題:Indonesia Plans Rupiah-Settled Domestic NDFs to Curb Volatility(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE