コンテンツにスキップする

フィリピン中銀、再び0.5ポイント利上げ-インフレ抑制の決意強調

  • 5月以降の利上げ幅はこれで1.5ポイント
  • 2000年以降で最も積極的な引き締め局面に

フィリピン中央銀行は27日、2会合連続となる0.5ポイント利上げを決めた。物価上昇を抑制するため強力な行動を取る方針をあらためて示した。

  中銀声明によれば、翌日物リバースレポ金利は4.5%と、これまでの4%から引き上げられた。

  ブルームバーグがエコノミスト22人を対象に実施した調査では、20人が0.5ポイントの引き上げを予想、残りの2人は0.25ポイントの利上げを見込んでいた。

  フィリピン中銀による5月以降の利上げ幅はこれで1.5ポイントに達し、同中銀にとって2000年以降で最も積極的な引き締め局面となっている。

原題:Philippines Delivers Another 50 Basis-Point Rate Hike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE