コンテンツにスキップする

ロンドン・上海の株式市場接続、12月上旬開始の公算-中国メディア

  • 時価総額が約3300億円以上の英上場企業は中国で預託証券発行可能
  • 上海証券報が報じた-具体的要件の報道は初めて

英国と中国の企業がロンドン、上海の両証券取引所に上場することを可能とする制度が12月3日にも始まる可能性がある。中国のメディアが報じた。

  上海証券報は27日、時価総額が200億元(約3300億円)以上の英上場企業が中国で預託証券を発行できるようになると情報源を示さず報じた。証券・ファンド口座に最低300万元を持つ投資家が購入できるという。ロンドン・上海の株式市場接続で具体的な要件が報道されたのは、これが初めて。

  中国で預託証券の発行を目指す企業は、少なくとも上場を3年間続けていることが条件で、発行額を5億元以上とする必要があるとも伝えられた。上海、深圳両証取の上場株と同様に、預託証券の1営業日当たりの許容変動率は10%になるとしている。

原題:London-Shanghai Stock Link May Start December, China Media Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE