コンテンツにスキップする

ソフトバンクのビジョン・ファンドを指揮する10人の男たち

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長(61)は2016年、1000億ドル(約11兆円)規模のビジョン・ファンド設立でベンチャーキャピタルの中心地シリコンバレーを揺るがした。孫氏はブルームバーグ・ビジネスウィークのインタビューで、2-3年ごとに1000億ドル規模のファンドを設立し、スタートアップ企業に毎年500億ドル投資する計画を明らかにした。

  これで孫氏はシリコンバレーでほぼ間違いなく、どんなベンチャーキャピタリストより強い力を手に入れ、ビジョン・ファンドの9人のマネージングパートナーもテック業界の実力者となる。

  この9人はすべて男性で、多くが金融業界出身者だ。孫氏は「いかなる偏見もない」と話す。ビジョン・ファンドの責任者ラジーブ・ミスラ氏も、マネージングパートナー級の人材を含め、より多くの女性を採用するよう率先して取り組んでいると述べた。

  孫氏以外の9人の顔ぶれは下記の通り。

FEATURE_SOFTBANK_SIDEBAR-2

ラジーブ・ミスラ氏

ソフトバンク提供

ラジーブ・ミスラ

ビジョン・ファンドの投資助言会社ソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズの最高経営責任者(CEO)を務めるミスラ氏は元銀行員。ベンチャー投資家としてよりも、財務の専門家として知られている。(シリコンバレーにはソフトバンクはスタートアップ企業を理解していない幹部でいっぱいとの見方があるが、ミスラ氏はトレーディングのオペレーションをゼロから立ち上げた自身の経験が生きていると主張している。)インド出身でペンシルバニア大学に通った。14年までドイツ銀行やUBSグループなどで勤務後、ソフトバンクに入社。その10年前に孫氏と出会い、米携帯電話会社スプリントの債務借り換えや再建に尽力した。「ドイツ銀行では最もアグレッシブな投資家として知られていた」が、孫氏と比べれば「保守的」だと話す。

サレ・ロメイ

日本人の母とシリア・サウジ系の父を持つロメイ氏は、孫氏やミスラ氏とともにビジョン・ファンドの投資委員会のメンバーを務めている。フランス、日本、米国で育ち5カ国語を話す。シンガポールや英国で勤務したドイツ銀行在籍時にミスラ氏と出会った。16年にゴールドマン・サックス・グループからソフトバンクに入社。ロンドン在勤。

プラビーン・アッキラージュ

米シスコシステムズの元幹部。同社と米EMCが立ち上げたクラウドベースの共同出資事業やシスコに買収されたヴィプテラというスタートアップ企業の責任者を務めていた。今年に入り、ビジョン・ファンドに参加。

コリン・ファン

ファン氏は1998年にドイツ銀行に入社。15年に退社するまでに、クレジットトレーディングのグローバル責任者や投資銀行部門の共同責任者を務めた。中国出身。ハーバード大学卒。孫氏について「類いまれなる才能を持つ起業家」とし、「彼が必要としているのは広い視野や意見、助言、そして良いものを選ぶフィルターだ」と話す。

ジェフ・ハウセンボールド

孫氏と同様に貧しい家に育った。父親は中学1年までの教育しか受けていないトラック運転手。幼少期には政府が生活保護者に支給するフードスタンプで生活していた。オンライン写真現像サービスの「シャッターフライ」を10年以上経営。ソフトバンク入社後はネット通販サイトの「ブランドレス」や犬の散歩代行アプリ「ワグ」への投資を主導。同氏は「ベンチャーキャピタルがこの規模で運営されるのは初めてのこと」だとし、ビジョン・ファンドは起業家が「より大きく、より大胆な目標を追い求めることを可能にしている」と話した。

松井健太郎

松井氏も金融業界出身の1人。東京在勤で、みずほ証券勤務時に孫氏が手掛けたボーダフォン日本法人やスプリント、英半導体設計アーム・ホールディングスの買収を助言したことからソフトバンクと関わりを持つようになった。慶応大学卒。ニューヨーク大学でも法律の学位を取得している。

グレッグ・ムーン

ムーン氏も東京在勤で1996年にソフトバンクに入社し、シリコンバレーのベンチャーキャピタル関連業務を担当。02年から18年まではソフトバンクの韓国投資子会社の責任者を務めた。

ディープ・ニシャール

ソフトバンクのサンカルロス(カリフォルニア州)のオフィスで勤務。水道のないムンバイの狭いアパートで4人の兄弟と育った。インド工科大学ムンバイ校、イリノイ州立大学に通った。グーグルでアジア太平洋地域のプロダクト担当責任者を務めた後、リンクトインでプロダクト担当グローバル責任者。孫氏について「彼も私もハングリー。変化をもたらしインパクトを与えることに対してハングリーだ」と話す。

マイケル・ローネン

ローネン氏はゴールドマン在籍時の昨年、自動運転分野への投資について提案するためソフトバンクを訪れたところ、孫氏にスカウトされた。元イスラエル空軍情報部隊出身の同氏は、米ゼネラル・モーターズの自動運転子会社GMクルーズへの22億5000万ドルの投資を主導。カリフォルニア州在勤。
原題:SoftBank’s $100 Billion Vision Fund Is Run by These 10 Men 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE