コンテンツにスキップする

シトロンのレフト氏、大麻株対象のロングショート戦略ファンド検討

  • 同氏はティルレイやクロノスなどの大麻関連株を空売りしている
  • ファンドの価値は数億ドルとなる可能性-レフト氏

シトロン・リサーチのアンドルー・レフト氏は、変動の激しいマリフアナ(大麻)関連セクターに賭けるファンドを新設して利益を得ることを計画している。

  空売り投資家のレフト氏は、大麻関連株を対象にロングショート戦略を取るファンドの設立を検討している。ファンドの価値は数億ドルとなり、年内に最終決定される可能性があると、同氏はBNNブルームバーグテレビジョンで語った。

  レフト氏は、クロノス・グループティルレイなどの大麻関連株を空売りしているが、特に大麻草から抽出されるカンナビジオールに関わる企業など一部の銘柄には価値を見いだしている。同氏は一部の大麻関連株に対してロング(買い持ち)ポジションを取っているが、どの銘柄かは明らかにしなかった。

原題:Citron’s Left Considering Long-Short Fund to Tap Cannabis Boom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE