コンテンツにスキップする

EU、英離脱交渉決裂した場合の緊急措置の検討開始-関係者

  • 26日のブリュッセルの会合でEU大使らが議論を始めたと関係者
  • 空の便や医薬品貿易を維持する措置を講じる可能性がある

欧州連合(EU)は英離脱交渉が決裂した場合に、英国の協力なしでどのような緊急措置を行う必要がありそうか検討を始めた。英国を除く加盟27カ国の会合の内容に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  26日にブリュッセルで開かれた非公開会合で各国EU大使は、英国が離脱する来年3月29日の前に交渉が決裂した場合にEUがどんな一方的措置を講じる可能性があるかについて議論を開始した。医薬品の貿易や空の便など重要サービスの維持は含まれる可能性が高いが、具体的な産業は確認されていない。

  関係者によると、この議論は極めて慎重を期す必要がある。EUとしては提案済みの案に代わる選択肢があると英国側に考えてもらいたくないからだという。EU当局者らは、交渉が決裂すれば英国と他の加盟国政府との信頼関係が損なわれるため、英国の協力が得られずEUが独力で取り組まざるを得なくなる可能性が高いと考えている。

原題:EU Is Said to Discuss Unilateral ‘No Deal’ Brexit Contingencies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE