コンテンツにスキップする

トランプ米大統領:北朝鮮の非核化計画で工程表は必要ない

  • 「2年でも3年でも5カ月でも問題ない」と会見で発言
  • 自分が当選していなければ北朝鮮と戦争になっていたとトランプ氏

トランプ米大統領は26日、北朝鮮の核放棄に向けた工程表を策定する必要はないとの見解を示した。

  国連総会出席を締めくくるニューヨークでの記者会見でトランプ大統領は「われわれはタイムゲームをしているわけではない」とした上で「それにかかる期間が2年でも3年でも5カ月でも問題ない」と語った。米政権はこれまで北朝鮮の非核化完了の時期について一貫しないメッセージを送っている。

記者会見で米朝関係について語るトランプ大統領

(出所:Bloomberg)

  トランプ氏はまた同日の会見で、「私が当選していなければ戦争になっていただろう」と発言し、自身が北朝鮮との戦争を回避したと主張。オバマ前大統領が北朝鮮との戦争に向かう引き金を引く状態に「近かった」と述べたが、それを裏付ける証拠には言及しなかった。

  一方、オバマ政権下で米国家安全保障会議(NSC)の報道官を務めたネッド・プライス氏は、戦争になれば「相当な数の犠牲者」が見込まれるためオバマ氏は北朝鮮との戦争を検討していなかったと語り、トランプ氏の発言に異を唱えた。

  トランプ氏はこの日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から新たに「非常に素晴らしい」書簡を受け取ったと、安倍晋三首相との会談の間に明らかにした。書簡の内容には言及しなかった。

原題:Trump Tosses Out Deadlines on North Korea Denuclearization Plan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE