コンテンツにスキップする

バイアコム株が約半年ぶり高値-CBSによる買収観測の再燃で

  • 両社の合併が「最も可能性の高い結果」-B・ライリーのアナリスト
  • 両社の筆頭株主は両社の合併を少なくとも2年追求しないことに同意

26日の米株式市場でバイアコムの株価は約半年ぶりの高値に上昇。同社がCBSに買収されるとの観測が再燃した。一時は5.5%高と、日中の取引としては約7週間ぶりの大きな上げとなった。

  B・ライリーFBRのアナリスト、バートン・クロケット氏は26日、両社の今後2年以内の合併が「最も可能性の高い結果」だと指摘。また、バイアコム株の投資判断を「買い」に引き上げた。

CBS merger speculation has sent Viacom shares climbing

  両社の合併については何年も協議されてきたが、両社の筆頭株主であるナショナル・アミューズメンツとCBSが訴訟を今月決着させたことで、実現の可能性は低くなった。シャリ・レッドストーン氏と同氏の父サムナー氏が経営権を握るナショナル・アミューズメンツは、2006年まで1つの会社だったバイアコムとCBSの統合を提案していたが、その考えを少なくとも2年は追求しないことに同意した。

原題:Viacom Hits Six-Month High on Speculation CBS Deal Isn’t Dead(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE