コンテンツにスキップする

トランプ大統領:カバノー氏巡る告発は「ペテン」-証言次第と含みも

  • 27日の証言で「私が納得することはいつでもあり得る」とトランプ氏
  • 多くのうその告発を受けた経験が自分の意見に影響していると同氏

トランプ米大統領は、連邦最高裁判事に自らが指名したブレット・カバノー氏による過去の性的暴力疑惑について「大掛かりなペテン」だと述べる一方、告発した女性の1人による27日の議会証言の内容次第では、指名撤回を検討する可能性が出てくることに含みを持たせるような発言を行った。

  トランプ大統領は国連総会を締めくくる26日の記者会見で、一連の被害の告発について「私にとっては全てがうそだ。これらはメディアでさえそれに同意する幾つかのケースにおける虚偽の告発だ」と主張。カバノー氏を告発した3人の女性が全員うそをついているのかと数分後に尋ねられると、「私には言えない。あすの証言を見てみる必要がある」と語った。

  27日の上院司法委員会の公聴会では、メリーランド州の高校時代に酒に酔った状態でカバノー氏から性的暴力を受けたと告発したクリスティン・ブラジー・フォードさんと、疑惑を否定するカバノー氏自身が証言する予定。

  トランプ大統領は「見てみようと思う。彼らは納得のいく説明を行う可能性がある。また、私が納得することはいつでもあり得る」と発言。大統領自身も性的不品行を巡り複数の女性の告発を受けている事実に言及し、「それが私の意見に影響しているのは確かだ。なぜかと言えば、私自身が多くのうその告発を受けたからだ。人は有名になりたいと望み、金を欲しがるものだ」と述べた。

原題:Trump Calls Kavanaugh Charges ‘False’ But Says He Can Be Swayed(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE