FOMC声明での「緩和的」の文言削除、政策方針の変更示唆せず

  • パウエルFRB議長:文言削除は金融政策の進路変更を示唆せず
  • FOMCの金利予測分布図は6月公表の前回分から変わらず

米連邦公開市場委員会(FOMC)は26日の声明で金融政策は「緩和的」との文言を削除したが、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長はその後の記者会見で、これを重要な変更と受け止める見方に即座に水を差した。

  パウエル議長は会見で、「この修正は政策の進路の何らかの変更を示唆するものではない」と言明。「声明で説明した通り、われわれは引き続き、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標レンジのさらなる漸進的引き上げを進める見通しだ」と述べた。

  政策金利を緩和的と表現することは、政策が経済成長を後押ししていることを意味する。引き上げが続けられれば、金利はいずれ景気を加速も減速もさせない中立水準に達する。「緩和的」の文言削除はパウエル議長が強調した通り、単に金利がその水準に近づきつつあることを認めるにすぎない。

  FOMC声明を受けて、一部の米金融政策ウオッチャーらは、当局が利上げサイクルの終わりか、少なくとも休止に近づきつつあるとのハト派的シグナルと解釈した。しかし、こうした結論は他の要素を無視している。

  まず、政策当局者は中立水準が実際にどこにあるかで一致していない。FOMCが26日に公表した予測では2.5-3.5%のレンジだった。その上、当局者が中立金利の水準で合意したとしても、そこで利上げを停止すべきか、引き締めの域まで進むべきかでコンセンサスには至っていない。従って「緩和的」という文言を早めに削除することは、短期的な金利についての意向を必ずしも知らせるものではない。

  さらに、FOMCのドット・プロット(金利予測分布図)もある。26日公表された最新予測は6月公表の前回分と変わらず、12月の追加利上げと来年3回の利上げを見込んでおり、当局が当面は方針を変更しないことを明確に伝えている。

原題:Why Cutting ‘Accommodative’ Doesn’t Signal Much From the Fed (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE