元UBSのプライベートバンカー、証券担保融資ファンド始める

  • 中国当局が高リスク融資の抑制に乗り出す中でアジアで事業展開図る
  • 借り手は年10ー15%の金利に加え手数料支払いいとわず-ラム氏

米シティグループとスイスのUBSグループでプライベートバンカーとして勤務したチンチン・ラム氏は、アジアで証券担保融資を行うファンド向けに1億ドル(約113億円)余りを集めた。中国当局が高リスク融資の抑制に乗り出したことで新たな調達源を見つける必要に迫られた企業に融資する。

  当初は自己資金をアジアの中小企業に貸し付けていたラム氏のカリスマティック・キャピタルは今年、これまでより大きな複数の企業から融資の打診を受けた。時価総額が50億-150億ドルに上る場合もあるこれらの企業は、中国本土で資金調達の道が途絶えため、カリスマティックの扉をたたいた。 

Funding Hole

Share-backed loans declined in August amid China crackdown on risky lending

Source: Moody's Investors Service, citing data provider Wind

Year-on-year change

  中国当局は証券担保融資を制限しているほか、銀行にテクノロジーやオンラインショッピングなど先進的業界への融資を促している。ラム氏はインタビューで、「不動産や海運、観光など伝統的産業の上場企業は、優先順位が下がった」と述べた。証券担保融資はリスクが高いがリターンは大きい。ラム氏によれば、借り手は年10-15%の金利と3-5%の先払い手数料を払うのをいとわないという。

原題:Ex-UBS Banker Starts $100 Million Fund for Share-Backed Loans(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE