コンテンツにスキップする

ニールセン買収、ブラックストーンとカーライルが関心示す-関係者

  • 時価総額1兆円超のニールセンにヘッジファンドが身売り促す
  • ニールセンはJPモルガン、グッゲンハイムと共に選択肢探る

物言う株主からの圧力の中で身売りを探っている消費者データ分析のニールセン・ホールディングスに対し、ブラックストーン・グループカーライル・グループなどが関心を示している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によれば、ブラックストーンとカーライルはニールセンへの買収案提示をそれぞれ検討中。こうした協議は初期段階で、ニールセンは別の買い手候補からの提案を受ける可能性もあるという。

  今月の発表資料によると、ニールセンはJPモルガン・チェースグッゲンハイム・パートナーズと共に戦略的選択肢として身売り、もしくは会社分割について見極めを進めている。米国に上場しているニールセンの時価総額は約96億ドル(約1兆800億円)。

  資産家ポール・シンガー氏率いるニューヨークのヘッジファンド、エリオット・マネジメントはニールセン株取得後の8月、同社に対し身売りを追求するよう促した。ニールセンとブラックストーン、カーライル、エリオットの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Nielsen Is Said to Draw Interest From Blackstone and Carlyle (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE