コンテンツにスキップする

国内宇宙ベンチャー、米スペースXと契約-ロケットの打ち上げで

  • 2020年半ばに月の周回探査、21年半ばに月面着陸を予定
  • 民間企業による月周回と月着陸、実現すれば世界初

月面資源開発に取り組む宇宙開発ベンチャーの「ispace(アイスペース)」(東京・港区)は26日、2回のロケットの打ち上げで米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)と契約したと発表した。

relates to 国内宇宙ベンチャー、米スペースXと契約-ロケットの打ち上げで

アイスペースの月着陸船

Source: ispace

  アイスペースの発表資料によると、2020年半ばにロケットに搭載した無人の月着陸船を月の軌道上に放ち周回探査を実施、21年半ばには月着陸船を実際に月面に送る計画。実現すれば民間企業として世界初となる。それぞれの打ち上げにスペースXの再使用型ロケットを活用する。打ち上げは米国で実施予定。契約金額などの詳細は非開示としている。アイスペースは現在、月着陸船を開発中で、今後は着陸船に搭載する月面探査機の開発も行う計画だ。

  スペースXのロケット事業ではイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が17日にスタートトゥディの前沢友作社長による月の周回旅行の契約を発表したばかり。アイスペースは人類の生活圏を宇宙に拡大することを目標に10年9月に設立された日本の民間企業。2月までに産業革新機構などから計103億5000万円の資金を調達している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE