中国、2030年までに米国抜き世界一の経済大国に-HSBC予測

  • 中国GDP、30年時点で26兆ドル-米国は25兆2000億ドルへ
  • インドが日本とドイツを抜き世界3位の経済大国に

中国は2030年までに米国を抜き世界一の経済大国になりそうだと英銀HSBCホールディングスが指摘した。

  同行が25日公表した75カ国対象の新たな分析結果によれば、中国は今後10年も世界経済の成長に最も大きく寄与する見通し。30年時点で中国の国内総生産(GDP)は26兆ドル(約2940兆円)と、現在の14兆1000億ドルから大きく増加する一方、米GDPは25兆2000億ドル(現在20兆4000億ドル)と中国を下回る見込みだ。

  HSBCはまた30年までにインドが日本とドイツを抜き世界3位の経済大国になると予測。世界経済の成長率は3%弱が持続可能であるとみられることから、世界のGDPは17年との比較で40%膨らみそうだとしている。

原題:HSBC Sees China Economy Set to Pass U.S. as Number One by 2030(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE