インド、11月にイラン産原油の輸入をゼロにする方針-関係者

インドは11月にイランからの原油輸入をゼロにする方針だ。米国による制裁で打撃を受けるイランとしては、主要な買い手を新たに失う恐れが強まった。

  インド石油バーラト石油は、11月積み出しのイラン産原油を発注していないと、両社の幹部が明らかにした。ナヤラ・エナジーもイラン産原油の購入は予定していないと、業界関係者は述べた。マンガロール石油精製化学はまだ11月分に関して決定を下していないと、同社の幹部は述べた。

  11月購入に関する最終決定の期限は10月初旬であることから、製油会社は依然、方針の変更が可能。幹部や業界関係者は内部の方針だとして匿名を条件に語った。

  インドによるイラン産原油の輸入量は世界で2番目に多く、今年は日量平均57万7000バレルを輸入。韓国や日本、欧州連合(EU)もイラン産原油の輸入取りやめに動いていることから、インドが輸入を停止すれば、一時的であってもイランには大きな打撃となる。

原題:India Is Said to Cut Imports of Iranian Oil to Zero in November(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE