コンテンツにスキップする

超富裕層の資産が拡大-資産管理会社平均リターン前年の2倍超

  • ファミリーオフィスの17年平均リターンは15.5%、16年は7%
  • UBSとカムデンが世界311のファミリーオフィス対象に調査

世界の最富裕層には乾杯したくなるような時代だ。

  UBSグループとカムデン・ウェルスによると、富裕層一族の資産を管理するファミリーオフィスの昨年の平均リターンは15.5%に上り、16年の7%、15年の0.3%から大幅に改善された。17年は地域別ではアジアが16.4%と最高で、株式相場の上昇と未公開株(プライベートエクイティー)投資が後押しした。

Five Biggest Portfolio Holdings

North American firms have more than a quarter of their assets in equities

Source: The Global Family Office Report 2018, UBS and Campden Wealth

  UBSとカムデンは年に一度、この調査を行っている。今回が5年目で、311のファミリーオフィスが回答。設立が近年加速している傾向を反映し、回答のあったファミリーオフィスの37%が2010年以降の設立だった。全体の平均資産は8億800万ドル(約912億円)。2都市以上にオフィスを構えているのは全体の20%強にすぎないが、5カ所に拠点があるとの回答も一部にあった。

  UBSとカムデンによると、ファミリーオフィスはリターンを向上させようと高リスクで流動性に比較的乏しい資産を追求している。世界的な傾向を反映して投資先企業の経営に関与する手法も取り入れつつあり、PEの直接投資はポートフォリオ全体の約14%に上った。

Millennium Boom

More than half of the families offices surveyed were set up this century

Source: The Global Family Office Report 2018, UBS and Campden Wealth

原題:Ultra-Rich Families Ride Stocks Surge to Double Annual Gains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE