コンテンツにスキップする

スクエアもFANGの一角に-野村インスティネットがFANGS提唱

大型ハイテク株をまとめた呼び方が近く変わるかもしれない。

  フェイスブックとアマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットの総称であるFANGに、フィンテックのスクエアを加えるべきだと野村インスティネットは25日付の顧客リポートで提唱。スクエアの決済高の大きさや、収入およびマーケティングのトレンドを指摘した。投資判断は「買い」。株価目標は50%近く引き上げて125ドルと、ウォール街で最も高い水準となった。

  アナリストのダン・ドレブ氏は「FANGにSを追加」と題したリポートで、FANG銘柄がそれまでの市場を揺るがしたのと同様、スクエアは100%コヒーシブなソリューションと急速なイノベーションで世界の決済エコシステムを揺るがそうとしていると指摘した。

  先週にはスタイフェルとエバコアISIも、スクエアの目標株価をそれぞれ100ドル、101ドルに引き上げている。

原題:Square Should Be a Part of the FANG Group, Nomura Instinct Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE