アルゼンチンのカプト中銀総裁が辞任-就任からわずか3カ月

更新日時

アルゼンチン中央銀行のカプト総裁(53)が25日朝、マクリ大統領に辞表を提出した。就任からわずか3カ月での辞任となる。

  同中銀は電子メールで、「辞任は一身上の都合によるものであり、国際通貨基金(IMF)との新たな取り決めで財政と金融、マネー、為替体制への信頼があらためて構築されると確信する」との声明を発表した。後任にはサンドレリス財務副大臣が就く。

  アルゼンチン・ペソは今年に入り50%下落、新興市場国の通貨で最大の下げとなっている。中銀は8月に政策金利を60%と世界最高水準に引き上げたが、ペソの下落は止まらなかった。

原題:Argentine Central Bank Head Caputo Quits After Three Months (2)(抜粋)

(後任の情報など追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE