コンテンツにスキップする

中国株:下落、不動産銘柄の下げ目立つ-米国が対中関税追加発動

  • 上海総合指数、0.6%安-不動産株指数が2.8%下げる
  • 大型株のCSI300指数や小型株の創業板指数も安い

25日の中国株式相場は下落。米国が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆5800億円)相当に追加関税を発動してから初取引となったこの日は、不動産銘柄を中心に下げた。前日は祝日で中国株式市場は休場だった。

  上海総合指数は前営業日比0.6%安の2781.14で終了。不動産各社がプロジェクトの資金集めで利用する住宅の事前販売制度を廃止する案を広東省が検討する中で、不動産株指数が2.8%下げた。

  深圳総合指数は0.5%下落。大型株から成るCSI300指数は0.9%安、小型株とテクノロジー銘柄で構成される創業板指数は0.4%値下がり。25日の香港株式市場は祝日のため休場。

China stocks have swung between lows and highs amid trade fight

原題:China Stocks Fall as Trade Spat Deepens; Developers Lead Retreat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE