イタリア国債が上昇、連立政権が予算で妥協に至ったとスタンパ紙

  • 財政赤字はGDPの1.9%にとどまるースタンパ
  • トリア財務相が容認する2%よりも低いースタンパ

25日午前の欧州債市場でイタリア国債が上昇。連立政権メンバーが予算を巡り妥協にこぎ着けたと報じられたことを好感した。

  イタリア紙スタンパは、予算での財政赤字は国内総生産(GDP)の1.9%にとどまると報じた。連立政権は27日までに2019年予算案を公表しなければならない。

  1.9%は欧州連合(EU)規則が定める上限の3%を下回るばかりか、スタンパによるとトリア財務相が容認する2%よりも低い。五つ星運動のディマイオ党首は当初2.8%を主張したがこれを取り下げたとも同紙は伝えた。

  ロンドン時間午前7時49分(日本時間午後3時49分)現在、10年物イタリア国債の利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.90%。ドイツ債とのスプレッドは8bp縮小し236bp。

原題:Italian Bonds Rise as Coalition Is Said to Compromise on Budget(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE