中国:貿易協議の再開は米国次第-米政府は誠意示す必要

  • EUと日本、ロシア、ASEANとの協力を強化へ
  • 中国商務省の王、傅両次官と発改委の連副主任が記者会見で述べた

中国は25日、貿易紛争を巡り米国と話し合うことについてオープンだと表明した上で、同国が誠意を示し、中国政府の喉元にナイフを突き付けることはやめるよう呼び掛けた。

  商務省の王受文次官は北京での記者会見で、2国間の貿易協議中断には米国が課した通商面での制約に責任があり、協議再開は米国次第だと述べた。両国はこれまで4回の協議で一定のコンセンサスに達していたが、米国が一度合意したことを後退させている理由は中国側には分からないとも語った。

  同省で通商交渉を担当する傅自応次官は同じ記者会見で、貿易協議のために中国が自国経済を発展させる権利を犠牲にすることはないと明言。中国が経済の針路を反転させることはないが、改革は深めていくと説明した。

  国家発展改革委員会(発改委)の連維良副主任は同会見で、中国経済は強靱(きょうじん)で、貿易紛争のリスクに持ちこたえられると主張。米国との貿易摩擦の影響に対抗するため、中国は国内消費と投資を増やし、民間の企業景況感を改善させるほか、欧州連合(EU)と日本、ロシア、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との協力を強化すると語った。

  傅次官は米中両国が貿易を巡り対立するのは一般的なことだが、両国共通の利益は問題となっている部分よりずっと大きいと指摘。

  王次官は中国が外国企業に対して技術移転を強要しているとの米主張についての質問に対し、中国政府にそのようなことを義務づける政策はないが、中国で本土企業との合弁に参加する際に一部のセクターで外国企業にそうしたことを義務化する権利があり、これは先進国でも同様で、世界貿易機関(WTO)のルールで認められていると話した。

原題:China Open to U.S. Talks, But Not With Knife at Its Throat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE