新興市場債ETF、時価総額が過去最大に-資金流入・相場も回復

  • 時価総額は先週末時点で143億1000万ドルと過去最大を更新
  • 2週連続の値上がりと1億6900万ドルの資金流入が寄与

新興国のユーロ債に連動する上場投資信託(ETF)で最大のiシェアーズ・JPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ETFの時価総額が過去最大を更新した。投資家のリスク志向が戻り資金が流入した。

  同ファンドの時価総額は先週末時点で143億1000万ドル(約1兆6150億円)となった。2週連続の値上がりと、1億6900万ドルの資金流入で、今年1月まで2年間の上昇相場で付けたこれまでの最高を上回った。

  新興市場資産は今年、2008年の金融危機以来で最長の売りに見舞われ、米ドル建てエマージング・マーケット債券ETFもその間に30億ドル余りを失っていた。

原題:Emerging-Market Bond ETF Soars to Record Size as Flows Defy Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE