コンテンツにスキップする

トランプ氏が「ワシントンプレミアム」生む-オマーン石油・ガス相

  • ルムヒ石油・ガス相が22日にブルームバーグTVで語った
  • トランプ大統領のツイートがより大きな原油高要因に

トランプ米大統領は原油高の責任は石油輸出国機構(OPEC)にあると主張したが、OPEC非加盟の産油国オマーンのルムヒ石油・ガス相はトランプ大統領こそが原油高を招いていると論じた。

Key Speakers At The 2016 IHS CERAWeek Conference

オマーンのルムヒ石油・ガス相

フォトグラファー:Matthew Busch / Bloomberg

  OPEC加盟国など主要産油国がアルジェリアでの23日の会合を控えた20日、トランプ大統領は「OPECのモノポリーは今すぐ価格を下げろ!」とツイートした。

  ルムヒ石油・ガス相は22日、アルジェリアでブルームバーグテレビジョンとのインタビューに応じ、「ここ数回の会合におけるOPECの決定よりも最近のツイートが価格上昇に関係している」との見方を示し、「私はこれをワシントンプレミアムと呼ぶ」と語った。

原題:Trump Drives Oil Prices More Than OPEC. An Oil Minister Says So.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE