コンテンツにスキップする

日銀:金利急上昇すれば国債買い入れ実施-何人かの委員

  • 迅速かつ適切に国債買い入れ、金利の安定が必要-何人かの委員
  • フォワードガイダンスは出口観測への対応としての効果-複数の委員

日本銀行が金融政策の枠組みを一部修正した7月の金融政策決定会合では、金利急騰時には国債買い入れによって金利の安定を図ることが適切との認識が複数の委員から示された。日銀が25日、会合の議事要旨を公表した。

  要旨によると、ある委員が「長期金利変動幅の弾力化は、市場から利上げを意図したものと誤解されるおそれがあり適切でない」と主張。これに対し、何人かの委員が経済や物価情勢とは無関係に金利が急速に上昇した場合、「迅速かつ適切に国債買い入れを実施し、金利の安定に努めることが必要」と指摘した。

  初めて導入された「当分の間、現在の極めて低い長短金利の水準を維持する」としたフォワードガイダンス(指針)については、多くの委員が「2%の実現に向けたコミットメントを強化し、政策運営に対する信認を確保する観点から適切」と支持。出口観測への対応としての効果も期待されるとの認識も複数の委員から示された。

  一方、ある委員は政策修正が「物価上昇率を高めていくことを期待」としつつ、効果を「不断に点検していく必要がある」との認識を示した。

  7月会合では、フォワードガイダンスの導入に加え、誘導目標である長期金利(10年物国債金利)0%程度の変動幅の拡大も認めた。黒田東彦総裁は会合後の記者会見で、上下0.1%の範囲に抑えていた変動幅を倍増させる方針を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE