コンテンツにスキップする

オデイ氏の旗艦ファンドが好調、スカイとランドゴールドで利益伸ばす

  • コムキャストのスカイ買収「素晴らしい価格」-オデイ氏
  • 9月半ばまででプラス29%のリターン、3年連続マイナスから一転

弱気派ヘッジファンド・マネジャーのクリスピン・オデイ氏がロングポジションで利益を上げている。

  長年にわたり相場急落を予測し、それに備えたポジションのせいで損失を重ねていたオデイ氏だが、英有料放送スカイのほか、アフリカなどで貴金属の採掘を行うランドゴールド・リソーシズの大株主でもある。24日の欧州株式市場で両社の株価は急騰。ランドゴールドはカナダのバリック・ゴールドが買収に合意し、6%余り上昇。スカイも買収企業を決める入札で米コムキャストが競り勝ったことが明らかにされ、8.6%高となった。

  コムキャストの提示額は1株当たり17.28ポンド(約2550円)。スカイの21日終値に9%のプレミアムを上乗せした水準だった。

  電話インタビューに応じたオデイ氏はコムキャストのスカイ買収について「とても喜んでいる。素晴らしい価格だ」とし、株価が14.92ポンドだった時に買い増していたと付け加えた。同氏は以前、買収価格が1株18ポンドになる可能性もあると予測していた。

  この日の上昇は、オデイ氏の旗艦ファンド「オデイ・ヨーロピアン」のリターン向上を後押しした様子だ。同ファンドは昨年まで3年連続して成績がマイナスだったが、ブルームバーグニュースが閲覧した投資家の見積もりによると、年初から今月14日までのリターンはプラス約29%。オデイ氏はそれ以降でさらにリターンが拡大しているとしつつ、具体的な数字の言及は控えた。

Broadcaster's shares hit 18-year high as Comcast wins auction

原題:Odey’s Hedge Fund Gains 29%, With More to Come on Sky, Randgold(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE