コンテンツにスキップする

英保守党の強硬派、独自のEU離脱案を公表-メイ首相案に対抗

  • デービス前EU離脱担当相が支持、EUには最低限のFTA提案
  • メイ首相には党内から退陣要求強まるとの観測

英国のメイ首相率いる保守党で、欧州連合(EU)との決別を支持する一派が独自のEU離脱案を打ち出した。首相案を廃案に追い込み、より明確な離脱を実現させる狙いがある。

  この案はシンクタンクの英経済問題研究所(IEA)が24日公表したもので、首相との見解の相違から7月に辞任したデービス前EU離脱担当相が支持している。EUとの交渉では「より積極的な」戦略を用意して世界の国々と通商交渉を開始するよう勧告。行き詰まっている離脱交渉の打開に向けて、モノについて最低限の「簡易な自由貿易協定(FTA)」を提案し、2年間の移行期間内によりよい合意を結ぶことを目指す。

  メイ首相を巡っては、党内から退陣要求が強まるとの観測があり、英日曜紙サンデー・タイムズは11月に解散総選挙が実施される可能性を報じた。

原題:Tory Rebels Publish Rival Brexit Plan to Challenge PM May (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE