コンテンツにスキップする

ECBは予定より早期に政策正常化を-オーストリア中銀総裁

  • 極めて良好な経済状況にある中で金融政策は依然「危機モード」
  • ノボトニー総裁、オーストリアORFとのインタビューでコメント

欧州中央銀行(ECB)は当初の予定より早期に金融政策を引き締めることを検討すべきだ。ECB政策委員会メンバーのノボトニー・オーストリア中銀総裁は23日に同国公共放送ORFとのインタビューでこう述べた。

  ノボトニー総裁は欧州が極めて良好な経済状況にあるもののECBが依然として「危機モード」の金融政策を実施していると指摘。正常化は現在の計画よりも多少早めるべきだと付け加えた。

  同総裁はインフレ率が2%に近づくまで待つべきだとの意見がECB政策委員会の過半数を占めるが、「私はもっと楽観的だ」と述べ、こうした見方は自分1人だけではないとコメント。「まだ議論はオープンだ」とし、自身が有望視するタイミングについて具体的な言及は避けた。

原題:Nowotny Says ECB Should Normalize Policy Sooner Than Planned(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE