米ポールソンなど16の機関投資家が同盟結成、金下落への歯止め目指す

資産家ジョン・ポールソン氏は、1年近い水面下の作業を経て15の機関投資家と共に同盟を結成した。同氏のヘッジファンド運営会社ポールソンが指摘する、同セクターで続く価格破壊に歯止めをかけるのが目的。

  新たに結成された「シェアホールダーズ・ゴールド・カウンシル」が電子メールで配布した資料によると、トクビル・アセット・マネジメントのジョン・ハサウェイ氏や、アクティビストのリバモア・パートナーズなどが参加に賛同。今年4月、自らの純資産57億ドル(約6400億円)の半分を金に投資すると話していたエジプトの資産家、ナギブ・サウィリス氏のラ・マンチャ・グループも参加する。

  同盟についての構想は最初、ポールソン社が昨年9月、デンバーで開かれた金業界会合で提案した。

  ポールソン社のパートナー・マルセロ・キム氏は別個の電子メールで、「金価格は昨年からじり安となっており、株主リターンは振るわない。同セクターへの関心は後退し続けており、金からの資本逃避と著名ファンドの閉鎖を目の当たりにしてきた」と指摘した。

  金相場は同盟構想を提案した当時、1オンス=1300ドル近辺と、現在のスポット価格を約90ドル上回っていた。キム氏はその後、金鉱会社の行動に目立った改善は見られないと指摘。金鉱会社は10年近く放漫経営を続けており、機関投資家は幹部報酬、取締役人事、合併・買収(M&A)などの問題に関して影響力を強めるべきだと述べた。

原題:Paulson, Burned by Gold Slump, Forms Council to Prod Miners (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE