コンテンツにスキップする

中国:米国に「直ちに誤り正すよう」要求-軍事部門への制裁で

中国共産党中央軍事委員会の装備発展部が米国の制裁を破ってロシア製兵器を購入したとして米国が同部と部長を制裁対象に指定した。中国政府は米国に撤回を要求し、撤回しない場合は「重大な結果を負うことになる」と警告した。

  中国外務省の耿爽報道官は21日、米国の行動は不当だと主張。「米国が直ちに誤りを正し、制裁と呼ぶものを撤回するよう強く要求する」と述べた。

  米国は20日、装備発展部の李尚福部長がロシア製の戦闘機と地対空ミサイル「S400」の購入に関与したとして、同部長を制裁対象とした。装備発展部は中国の軍事技術の監督組織。米国務省は声明で、米選挙への介入に対抗してロシアにコストを負わせることが目的で、いずれの国の防衛能力や戦闘即応性を損なわせることを意図しているわけではないと説明した。

原題:China Demands U.S. Drop Sanctions on Military Agency, Director(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE