ヘッジファンド、一番人気はマクロ戦略ー成績不振ながら1.7兆円流入

ヘッジファンドの中で今年投資家の人気が一番高いのはマクロ戦略だ。同戦略のファンドには8月末までに150億ドル(約1兆7000億円)余りが流入した。

  イーベストメントの20日のリポートによると、8月の純流入額は35億ドル。昨年は通年で94億ドルが流入した。

  イーベストメントの別のリポートによればマクロ戦略ファンドの1-8月の平均成績はマイナス0.8%と他の戦略に後れを取っているが、チューダー・インベストメントやエレメント・キャピタル・マネジメントといった著名ファンドの活躍によって、投資家を引き付けている。金利上昇、地政学的リスク、ボラティリティー上昇とマクロトレーダーに収益機会を提供する環境もそろっている。

  投資家向け文書によると、チューダーの1-8月成績はプラス8.7%だった。

戦略

2018年資金動向

マクロ152億ドル
市場ニュートラル・エクイティ117億ドル
マルチ戦略(78億ドル)
マネージドフューチャーズ(89億ドル)

注:()は純流出

原題:Macro Managers Pull in $15 Billion in Year, Leading Hedge Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE