コンテンツにスキップする

米国債利回り上昇がドル高につながらない理由、「それ以外」がテーマ

世界のリスク資産が勢いを盛り返す中で、米国債利回りは7年ぶりの高水準に向かっているが、ドル高の原動力にはならない。

  20日には10年物米国債利回りが3.09%と5月以来の高水準を付けたが、ドルは売られ一時0.6%安となった。国債利回り上昇は通常、自国通貨高につながるが、リスク意欲の復活でドルは人気が出ない。

  ドイツ銀のアラン・ラスキン氏によれば、メッセージは明確だ。米国と世界の株式相場上昇が国債利回りを押し上げる一方で、新興市場通貨や他のリスク資産への需要のため、ドルは売られる。

  「2つを合わせると、ドル建て利回り上昇がドル下落と結び付く」と、外為調査グローバル共同責任者の同氏がリポートで解説した。

  また、米国以外の先進国・地域の中央銀行による引き締め見通しもドルの魅力を薄れさせていると、ジェフリーズの外為世界責任者ブラッド・ベクテル氏は指摘。ドル「『以外の何でも買おう』というテーマが市場の気分の最前線に繰り返し現れてくるだろう」と同氏はリポートに記した。

Rising yields have failed to spark a dollar rally

原題:Treasury Yields and Dollar Part Ways as Risk Appetite Rebounds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE