FOMC、リセッション懸念を否定か-ドイツ銀エコノミスト

  • 米金融当局者は26日に最新の経済予測を公表する
  • 当局が軟着陸を達成する可能性はそこそこある-フーパー氏ら

米経済が2020年までにリセッション(景気後退)に陥るかもしれないとの懸念が投資家の間で深まる中、米金融当局は来週開く連邦公開市場委員会(FOMC)後の発表で、丸9年が経過した現行の景気拡大局面があと数年続くとの見通しを示すと見込まれている。

  FOMCは25、26両日の会合後に経済成長率やインフレ率、政策金利の誘導目標などについて当局者の最新経済予測を公表する。今回の予測では21年の見通しが初めて示される。ピーター・フーパー氏率いるドイツ銀行のエコノミストは20日のリポートで、FOMCが景気鈍化の可能性を指摘しつつもマイナス成長を予想することはなさそうだとの見方を示した。

  フーパー氏らは「リセッションを引き起こさずに、失業率を自然失業率の水準に押し戻すという、下方からのソフトランディング(軟着陸)を米金融当局がこれまでに達成できたことはない」と論評。「当社としては20年の景気鈍化を予想しつつ、『今回は違う』と宣言する覚悟で、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる当局が歴史的ソフトランディングを成し遂げる可能性はそこそこあると見込んでいる」と記した。

  セントルイス連銀のブラード総裁やアトランタ連銀のボスティック総裁らは、イールドカーブ(利回り曲線)の長短逆転がリセッションの前触れとなってきたとして、逆イールドが起きて景気悪化のシグナルとなる可能性に懸念を表明している。

  米金融当局者は6月の前回予測で、景気拡大ペースの減速に向けて政策金利の誘導目標を20年に3.4%まで引き上げるとの予想を示した。これは当局者が長期的な中立金利と見なす中央値推計を0.5ポイントほど上回る水準だ。

  ソフトランディングは景気鈍化とともに金利の小幅な低下を意味すると考えられる。このためドイツ銀のエコノミストは、当局者が21年の予測について同誘導目標の見通しを3.4%から引き下げるかどうか関心があるとしている。

原題:Fed Likely to Push Aside Recession Worry in Unveiling 2021 View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE